ページの本文へ移動します。
ここからページの本文です。
BCMシリーズラインナップへ戻る 前の製品へ  
BCM-16Nは、厚板ステンレスの開先加工に威力を発揮します。プラズマや機械加工での開先加工作業は、時間的にもコスト的にも大変負担の大きな作業でした。BCM-16Nは、今まで数日かかっていた開先加工作業を数時間で仕上げることが可能になり、時間とコストの問題をクリアしました。また、オプションで走行台車(キャスター)を装備すれば、大きな鋼板でも簡単に自走加工させることができます。

画像を拡大
画像を拡大

製品の詳細へ

画像を拡大

画像を拡大

動画を見る
製品仕様
定格入力電圧 3相,200/220V,50/60Hz
モーター出力 1.5KW
最大加工速度 2.2m/分
最良適合板厚(t) 6〜22mm
最大加工板厚(T) 30mm
開先角度(a°) ※(ブラケット交換にて角度変更可能) 30°(35°,37.5°,45°) ※( )内オプション
最大加工巾(w) 16mm ※SSの場合
最大加工深(d)30°の時 13mm ※SSの場合
最大加工深(d)45°の時 11mm ※SSの場合
カッター径 140φ
自重(kg) 120kg
機械寸法 W425×H690×L630
実用例:パイプ開先加工適用例
前の製品へ BCMシリーズラインナップへ戻る  
ページのトップへ