ページの本文へ移動します。
ここからページの本文です。
JVDバキュームリフトラインナップへ戻る    
無動力式はバキュームリフト自身が真空を作るため、クレーンに吊り下げクレーンの上下操作で吊り荷の吸着・離脱を行ない、簡単に吊り荷を運ぶことができます。
■基本操作
@クレーンフックにバキュームリフトをつり下げ、チェーンが充分ゆるむまで吊り荷の上に下ろします。
Aクレーンを上昇させシリンダーが引っ張られることで真空を作り、吊り荷を吸着します。
B吊り荷を目的の場所まで搬送したら、チェーンが十分ゆるむまでクレーンを下ろします。バキュームリフト内のバルブが自動的に切り替わり真空を解除します。
Cバルブの解放によりバキュームリフト内に大気が入り込みますので、クレーンを上昇させると本体だけが持ち上がります。
 
■なぜ真空を作ることができるのか?
@バキュームリフト本体は、自由に動くピストンを密閉されたシリンダーで構成されています。
Aゴム製のローリングカフがピストンとシリンダー間の気密シールの動きをします。
B金属間が直接接触する構造ではないので、これにより真空力が落ちることはありません。
Cローリングカフは真空を発生させ、かつ保持するという重要な働きをします。
■なぜクレーンの上下操作だけで、吊り荷の吸着・離脱ができるのか?
@吊り荷の吸着・離脱は、ピストンの下にある自動セルフバルブで制御されています。
A自動セルフバルブは、ラチェットの溝(切替器)とゴム製のバルブプレートから構成されています。
Bクレーンを下げてバキュームリフトのチェーンがゆるむと、切替器が働きバルブが自動的に閉じます。クレーンが上昇しピストンが引っ張られるとシリンダー内に強力な真空が発生します。
C吊り荷が完全に下りてチェーンがゆるむと、切替器が働きバルブが開いて真空を解除します。
D自動セルフバルブは、チェーンがゆるんだときバルブプレートの開閉を行ないます。真空発生中や吊り荷搬送中に横揺れや振動があっても、バルブが切り替わることはありません。
JVDバキュームリフトラインナップへ戻る  
ページのトップへ